仮想通貨の歴史

ビットコインは、一番最初に開発された仮想通貨です。

 

2008年10月、SATOSHI NAKAMOTOがビットコインに関する論文を投稿サイトで発表したのち、ハッカーやプログラマーのもとでビットコインに関する開発が始まり、2009年1月にビットコインが作られました。
初期のビットコインは、価値のないものでしたが、暗号化通貨のメーリングリストで、1万ビットコインとピザの交換を募集しピザを交換したのがビットコインに初めて価値が付いた時だといわれています。

 

ビットコインは、10分ごとに新しいビットコインが発行され、総枚数は2100万枚。東京オリンピックまでにすべてのビットコインが発行される予定になっています。
ビットコインは、従来の銀行送金システムよりは優れているのですが、10分おきの発行や利用者が急増したこと、価格が高騰しすぎたため、送金時間がかかり、送金手数料も多くなってきました。
また、ビットコインの取引記録は誰でも観覧できるような状態になるため、送金記録の匿名性がある仮想通貨や、使用用途に応じた独自のプラットフォームを持つ仮想塚が望まれるようになったのです。

 

その結果、ビットコインから、ビットコインキャッシュが生まれたり、ビットコインゴールドが生まれました。
また、独自のプラットフォームを持つ、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム、など様々な仮想通貨が生まれることになったのです。

 

今もたくさんの仮想通貨が将来の独自のプラットフォームのため開発を続けています。
すべてが生き残るわけではなく淘汰されていくものももちろんありますが、実用化され身近に感じる仮想通貨が出てくることが期待できるのです。

 

仮想通貨の危険性は?

ビットコインは2009年に開発されましたが、これまでに一度もシステム上のトラブルや改ざんの被害には合ったことがありません。

 

ビットコインは、ブロックチェーン技術を用いています。
ブロックチェーン技術は、分散型台帳の技術、同じ取引記録が複数の場所に保管されていて、それらがチェーンで結び付けられている状態のこと。
同じ情報が複数の場所にあるので、ハッカーにより書き換え改ざんされても、同じ情報が複数のところにありどこに同じ情報があるのかわからないため不正がすぐに判明するためシステムのセキュリティは強固なので。

 

一方で、取引所のセキュリティは全く別のもの。
これまで取引所にハッカーに侵入され不正に仮想通貨を引き出されたことは複数甲斐あります。
最初の事件は、2014年2月のマウントコックス社のビットコイン消失事件。
内部での不正操作による消失、社長の口座の不正操作も判明してしまい、会社の倒産に繋がりました。

 

また、2018年1月のコインチェックで起きたNEMの盗難事件です。

 

これらは、いづれも取引所のセキュリティ対策が万全でなかったために起こった事件です。

 

さらに、コインチェックは、仮想通貨取引所として認可されていなかったので、必要な基準を満たしていないため安全面では不安のある取引所だったわけです。
コインチェックのNEMの盗難事件は、日本円の払い戻しがようやくスタートし、NEMの盗難についても日本円で支払われるようになったため、機会損失はあったが、保証はされるということで、保証がシッカリしていると感じたものです。

 

日本で起きた2つの事例ですが、いづれの問題も、その後暴落していますが、その後、価格は戻ってきています。

 

まだまだ、取引所のセキュリティには問題があるので、今後も仮想通貨を取り扱う場合には、複数の取引所を使っていくことがオススメなんです。

 

仮想通貨の歴史から投資判断は?

仮想通貨の歴史を調べてみると、常に暴落の歴史が見えてきます。
問題があったときに、急落、その後、暴騰を繰り返し、2017年12月に1ビットコイン当たり220万円にまで成長してきました。

 

暴落した時には、心理状態として売りたくなります。
また、仮想通貨が暴落後には、暴騰します。
この状況を理解するならば、暴落時には投げ売りなどはせずにじっと待つこと。
余裕のある資金があるなら、暴落時こそ購入することがチャンスなのです。

 

頭の中では分かっているけど、実践するのはなかなか難しいです。
こうした情報を常に意識して、チャンスを逃さないようにしてください。