仮想通貨は、2017年多くの人に知られるものとなりました。
そして、2018年は、実際に仮想通貨の実用化が進む年です。

 

2018年春に予定されているものは、リップルの日本韓国で送金を行うというもの。
リップルは銀行の決済に用いることが決まっている仮想通貨であり、送金手数料が安く、送金時間も従来の方法よりも大幅に短縮できる通貨として期待されているものです。

 

また、発展途上国においても送金手数料が安いことから実際に使われることが検討されているもので、実用化が期待され、リップルだけ見ても、魅力的な仮想通貨は、私たちの生活に重要な役割を果たしていくことになります。

 

ビットコインや、イーサリアムは、仮想通貨の基軸通貨として用いられているものです。
現在、発行総額No1がビットコイン、No2がイーサリアムとなっています。
ビットコインの問題点は、マイニングが10分おきに行われているため、送金までに時間がかかってしまうことと、価格高騰のため送金手数料が高くなってきたことがありますが、その短所を補うためビットコインキャッシュやライトコイン(マイニング2.5分)が開発されています。
用途に応じてたくさんの仮想通貨が開発されているので、仮想通貨は私たちの生活に切り離せないものになっていくのは間違いありません。

 

2017年12月の仮想通貨の暴騰、2018年1月の仮想通貨の暴落を見てみると、仮想通貨が投資対象として将来性に不安がある人が多いかもしれません。
しかし、仮想通貨の実用化はこれからです。
今は、仮想通貨を使うためのプラットフォームの開発期間です。

 

その開発期間に、先行して仮想通貨の価値が暴騰、暴落を経験しましたが、実用化が進む、仮想通貨はこれから淘汰され、価値ある仮想通貨が生き残る時代になっていきます。
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなど、知名度の高い仮想通貨は残る可能性が高いです。
しかし、知名度の低いアルトコインの中にはなくなってしまう仮想通貨オあるはずです。

 

今は、新しい仮想通貨がどんどん発行され、投資対象として魅力的な仮想通貨がたくさん発行されています。
大きく稼ぐなら、仮想通貨の発行会社が資金を集めるために行うICOの時に購入すること。また、上場したばかりで価格が最安値の時に購入しておくと、大きく稼ぐチャンスがあります。
仮想通貨の使用用途や目的を調べ、将来性のある仮想通貨を見つけ、それに投資していくことが、将来的に価格が上昇し、大きく稼ぐことに繋がるのです。