仮想通貨は、法定通貨ではない通貨のことです。
法定通貨は、JPY、USD、EURなど、国により、その価値を保証されている通貨です。

 

仮想通貨は、国に依存しないシステムで、ブロックチェーンの強固なセキュリティに暗号化技術が使われた通貨です。

 

仮想通貨は銀行が管理する中央集権のセキュリティではなく、取引情報の記録のブロックが、複数の場所で保管され、保管された場所同士がチェーンのように相互に結びついいるため不整合の記録がすぐに判明、排除されるために、強固な安全なセキュリティを構築したシステムで運用されています。

 

中央で強固なセキュリティを行う必要がないため、セキュリティ費用を安くすることができ、送金時間も短縮できるため、仮想通貨は海外送金に適した技術と言えます。

 

それにより、口座維持費を無料、各種送金手数料を安くすることができるのです。

 

仮想通貨は、発行枚数が決まっています。
ビットコインは、2100万枚。仮想通貨は、発行枚数があらかじめ決定しており、ブロックチェーンに暗号化を付加して作られるものです。
仮想通貨はトークンとも呼ばれています。
一般に、トークンは会社が発行する金券、商品券でことであり、発行枚数に規定はありませんが、総称として仮想通貨とトークンが同意語として使われることもあります。

 

仮想通貨は、2017年に多くの人に知られることになり、これから実用化が望まれています。
最初に開発されたビットコインやイーサリアムは、基軸通貨として今後も仮想通貨の取引では重要な役割を果たしていきます。

 

現在注目されている仮想通貨は、銀行送金システムに利用されることが決まっているリップル。ビットコインの送金時間、送金価格などの問題点を改善させているビットコインキャッシュ、ライトコインなど多数の仮想通貨が発行されていて、今後淘汰されていくことが予想できます。

 

いづれも価格は上昇していますが、2018年も引き続き価格上昇が見込まれている仮想通貨なので、早めに手に入れておくことがおすすめです。

 

将来的に実現可能な仮想通貨を早いうちに手に入れておくと、価格上昇ののちに売却して高い利益を見込むことができるのです。